4FFA30AC30A430EB303039
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:40:06 ID:/gVKv6kk0
雪乃「・・・」

八幡「・・・」

雪乃「・・・」ペラッ

八幡「・・・」

八幡(話しかけられなかった)


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:40:39 ID:/gVKv6kk0
八幡(今度は由比ヶ浜結衣を無視してみる)

結衣「誰も来ないねー」

雪乃「そうね」

八幡「・・・」

結衣「ひまだねー」

雪乃「・・・」ペラッ

八幡「・・・」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:44:43 ID:/gVKv6kk0
結衣「???」オロオロ

雪乃「?」

八幡「・・・」

結衣「ヒッヒッキー怒ってる?」

八幡「・・・」

結衣「・・うぅっ・・・」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:48:40 ID:/gVKv6kk0
雪乃「比企ヶ谷くん?」

八幡「・・・」

雪乃「比企ヶ谷くん?聞いているのかしら?」

雪乃「とうとう耳まで腐ってしまったのかしら?」

八幡「・・・」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:52:36 ID:/gVKv6kk0
結衣「ゆきのん、ヒッキーどうしたの?」

雪乃「さ、さぁ・・・」

八幡「・・・」

雪乃「比企ヶ谷くん、聞こえているのでしょう?」

八幡「・・・」

結衣「なんで無視するの?」

八幡「・・・」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 19:56:48 ID:/gVKv6kk0
結衣「ゆきのんなんか心当たりある?」

雪乃「いえ、特に・・・」

雪乃「由比ヶ浜さんは?」

結衣「うーん・・・ないなぁ・・・」

雪乃「ま、まぁ問題もないし影響もないから関わらなくていいと思うけれど」

結衣「そうかなぁ?」

雪乃「そうよ」

八幡「・・・」

八幡(やっぱりこうなるか・・・)

八幡(さて、どうしたものか)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:00:29 ID:/gVKv6kk0
1、帰る
2、雪ノ下に話しかける
3、由比ヶ浜に話しかける
4、その他の方法を考える
5、やっぱり帰る

八幡(今のところ選択肢はこのぐらいしかないな)

八幡(やはりここは>>25だな)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:02:37 ID:jQMjj+a00
1

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:02:44 ID:xqkOLlTZ0
ビックリするほどユートピア

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:04:36 ID:/gVKv6kk0
八幡(やっぱり帰るか)

八幡「・・・」ガタッ

八幡 スタスタ

結衣「・・・」

雪乃「・・・」

結衣「わ、私たちも帰ろっか?」

雪乃「そうね・・・」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:13:33 ID:/gVKv6kk0
次の日

雪乃「あら、おはよ比企ヶ谷くん」

八幡「・・・おう、おはよ」

雪乃「今日は無視しないのね?」

八幡「なんのことだよ」

雪乃「昨日のこと覚えていないの?もしかして脳まで腐ってしまったのかしら」

八幡「だからなんのことだよ」

雪乃「・・・本当に覚えていないの?」

八幡「だからそう言ってんだろ」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:18:57 ID:/gVKv6kk0
雪乃「そう、ならいいわ」

八幡「ああ また後でな」

雪乃「ええ また後で」


結衣(・・・)

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:22:07 ID:/gVKv6kk0
教室

結衣「ヒッキーやっはろー!」

八幡「・・・」

結衣「ヒッキー・・・」

三浦「結衣ー」

結衣「あ、うん 今行くー!」

結衣(なんであたしだけ・・・)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:24:35 ID:/gVKv6kk0
部室

雪乃「・・・」ペラッ

八幡「・・・」

雪乃「由比ヶ浜さん遅いわね どうしたのかしら?」

八幡「さぁな」

雪乃「なにか知らないの?」

八幡「知らない お前は?」

雪乃「心当たりはないわ」


結衣(・・・)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:28:42 ID:/gVKv6kk0
結衣「やっやっはろー!ゆきのん!」

雪乃「ええ 遅かったわねどうしたの?」

結衣「ちょっとね・・・」アハハ

結衣「ヒッキーもやっはろー・・・」

八幡「・・・」

結衣(あいさつしても時々こういう反応あるけど今回はなんか・・・)

雪乃「お茶入れるわね」

結衣「ありがとー!手伝うよ!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:35:19 ID:/gVKv6kk0
雪乃「あなたはどうする?」

八幡「ありがとう いただく」

結衣「今日はあたしがお菓子持って来たんだ!」

雪乃「まさかとは思うけれど手作りではないわよね?」

結衣「なんかひどいっ!」

結衣「今日は千葉の名物 OO電鉄のぬれ煎餅!」

結衣「ヒッキー好きだよね?」

八幡「・・・」

結衣(・・・なんで・・)

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:45:25 ID:/gVKv6kk0
雪乃「比企ヶ谷くんの好き嫌いを聞いてもしかたないわよ」

八幡「そうだな 好き嫌い言うなって躾られているからな」

雪乃「あなたを躾けることになったご両親に同情するわ」

八幡「心配いらない うちの親はほとんど小町のことしか気にしていないからな」

ワイワイ

結衣「・・・」

結衣(なんでゆきのんとは話すのにあたしとは・・・)

結衣(あたしなんかしたっけー・・・)グスッ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:51:29 ID:/gVKv6kk0
結衣「ねぇゆきのん・・・」

雪乃「なにかしら?由比ヶ浜さん」ニコッ

結衣(よかった・・・ゆきのんはいつも通りだ)

結衣「ううん なんでもない」アハハ

雪乃「そ、そう? なんだか顔色が悪い気がするのだけど」

結衣「だ、大丈夫だよ!心配してくれてありがとう」ニコッ

雪乃「ならいいのだけど」ドキッ

八幡「・・・」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 20:57:10 ID:/gVKv6kk0
結衣(もう一回がんばってみよう!)

結衣「ねぇヒッキー!」

八幡「・・・」

雪乃「??」

結衣(なんで・・・)

雪乃「比企ヶ谷くん?由比ヶ浜さんが呼んでいるわよ」

八幡「えっ?なんだって?」

結衣(・・・なんでゆきのんとは・・・)

雪乃「だから由比ヶ浜さんが呼んでいるわよ」

結衣(なんで?なんでヒッキーは・・・)

八幡「・・・誰だそれ」

結衣(・・・えっ?・・・)

雪乃「・・・は?」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:02:43 ID:/gVKv6kk0
雪乃「どういう意味かしら」

八幡「言葉通りだよ 由比ヶ浜ってだれ?」

結衣「ちょっとヒッキー!それってひどくない?」

八幡「・・・」

雪乃「あなた昨日もこうことあったわよね?」

雪乃「もしかして面白がってやっているのかしら」

雪乃「だとしたらとても悪趣味よ やめなさい」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:08:15 ID:/gVKv6kk0
八幡「こういうことってなんだよ」

雪乃「由比ヶ浜さんのことを無視することよ」

八幡「残念ながら俺は無視されることはあってもすることはないんだよ」

八幡「優等生だからな それに由比ヶ浜ってほんとにだれ?」

雪乃「あなた本気で言っているの?」

八幡「ああ」

雪乃「くっ あなたって人を知っていたつもりだったけれど」

雪乃「知らなかったみたいね」

雪乃「もう知りたくもないわ」

八幡「・・・」

雪乃「すこし頭を冷やしなさい」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:12:03 ID:/gVKv6kk0
結衣(・・・)

結衣(どうしてこうなっちゃたんだろ・・・)

雪乃「由比ヶ浜さん?帰るわよ」

結衣「え?ああ、うん 帰ろっか!」

八幡「・・・」

結衣「また明日ねヒッキー」

八幡「・・・」

結衣(はぁ・・・)

雪乃「・・・」スタスタ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:20:11 ID:/gVKv6kk0
八幡「・・・」

八幡「・・・はぁ・・・」

八幡(OK 最高だ 超クール)

八幡(これで由比ヶ浜は奉仕部から解放されるし俺に囚われることはないだろう)

八幡(それにあんな事されたんだ 恩も感じなくなるだろう)

八幡(これできれいさっぱり)

八幡(そもそもあんな上位カーストの人間が俺にかかわっていいわけがない)

八幡(奉仕部に来ることで、俺に関わることであいつが被害を被ることはあってはだめだ)

八幡(もうすでに何かしらの影響がでているかもしれない)

八幡(これ以上俺のせいで由比ヶ浜に迷惑が掛かるのはだめだ)

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:27:17 ID:/gVKv6kk0
八幡(それにもし俺とあいつがつつ付き合ったらもっと大変だしぃ~?)

八幡(・・・ありえないか)

八幡(自分勝手だが正直、この空間を手放すのは嫌だったけど)

八幡(しょうがないだろう それ以上に由比ヶ浜が・・・)

八幡(まぁ葉山ならもっといい方法思いつくだろうがな)

八幡(そもそもあいつならこういう事になってないか・・・)

八幡(俺はこういうやり方でしか由比ヶ浜を守ってやれない)

八幡(ぼっちじゃないのも案外いいかもな)

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:40:24 ID:/gVKv6kk0
八幡スマホ「ゆっがためーる」

八幡「ん?」

From☆★ゆい★☆

屋上



八幡(・・・)

八幡「こわっ こえーよ! あと怖い」

八幡(なにこのメール・・・)

八幡(ぼこられちゃうの?喧嘩したことないからよくわからんけど)

八幡(痛いんだろうな・・・)

八幡(まぁ喧嘩別れって方が幾分ましか)

八幡(それに理由がはっきりしてるしお互いに理解して納得できるか)

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:49:40 ID:/gVKv6kk0
屋上

ガチャッ

八幡「・・・こんなとこでなにしてるんだ雪ノ下?」

雪乃「・・・」

結衣「ごめんねヒッキー・・・どうしても話したかったから・・・」

雪乃「私は帰るつもりだったけれど・・・」

結衣「あたしがね・・・ちょっと黄昏たいなー・・みたいなこと言って・・・」

結衣「それで屋上に来て・・・似合わないよね・・」アハハ

結衣「ゆきのんごめんね 付き合わせちゃって・・・」

雪乃「いいのよ 気にしてないわ」

夕陽のせいか雪ノ下の頬が赤い

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 21:56:14 ID:/gVKv6kk0
八幡「奇遇だな雪ノ下 俺は少し考えごとがあったから」

結衣「・・・」

八幡「やっぱり俺とお前は少し似ているのかもな な、雪ノ下?」

雪乃「・・・」

結衣「・・・もういいよ」

八幡「・・・」

結衣「もういいからさ あたしに気使わなくて・・・」

八幡「・・・」

結衣「屋上からね見えたの部室が・・」

八幡「・・・」

結衣「ヒッキーが落ち込んでるのも見えたんだよ?・・・」

八幡「・・・」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:05:16 ID:/gVKv6kk0
雪乃「・・・下駄箱で待ってるわ」

結衣「うん!ありがと」

ガチャッ

八幡「雪ノ下帰るのか? なら、俺も帰るか」

結衣「まって!!」ガシッ

八幡(のええええ なんで手握ってくんの!!)

八幡(耐性ないからまじでやめろ てかドキドキだけが止まらない!)

八幡(屋上で二人きりで手握ってるとかどんなリア充だよ)

八幡(だめだ・・いろんな意味でもたない・・・)

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:11:43 ID:/gVKv6kk0
結衣「ヒッキーはなんであたしのことだけ無視するの?」

結衣「ゆきのんとは話してあたしとは話さないってなにか理由があるんだよね?」

結衣「なにか怒らせるようなことしたなら謝るしちゃんと直すから・・・」


八幡(いい加減手を放してくれないですかね・・・)

八幡(手汗がやばいんだけど)

八幡(てか、ガハマさんの手やわらかい)

結衣「ねぇ ヒッキー・・・」ウルッ

八幡(くっ いろいろともう限界に近い)

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:18:43 ID:/gVKv6kk0
結衣「ヒッキー・・」ウルウル

八幡(あーもう!勘違いするなよただ手離してもらいたいだけだからな)

八幡(ほんとだから いやまじで)

八幡「・・・いいから手離せ・・」

結衣「ヒッ ヒッキー! ああ、ごめんごめん」エヘヘ

八幡(なぜかおしい事をした気分だ)

結衣「ヒッキー話して?」

八幡「・・・だめだ、お前には話せない」

結衣「なんであたしには話せないの?」

八幡「・・・言えない」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:31:06 ID:/gVKv6kk0
結衣「じゃあゆきのんは?」

八幡「・・・」

結衣「じゃあ誰になら言えるの?小町ちゃん?平塚先生?さいちゃん?」

八幡「・・・」

結衣「・・・また手握るよ・・」

八幡「くっ・・ 誰にも言わない」

結衣「はぁ・・ あたしのため?」

八幡「・・いいや俺の為だ」

八幡(嘘は言っていない 由比ヶ浜が解放されると同時に俺もまた解放される)

八幡(由比ヶ浜が俺に同情して、負い目を感じて、気にかけることがなくなる)

八幡(それはいいことだ 期待しなくていいし 勘違いもしなくていい)

八幡(俺は間違っていない)

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:43:43 ID:/gVKv6kk0
結衣「ヒッキーは自分のためだけにそんなことしないよ・・・」

八幡「・・・そんなことn」

結衣「あるよ!」

結衣「いつもいつも自分のことは後回しで 嘘ばっかりで 優しくて・・・」

八幡(俺が嘘つきなのは否定しないが自分を後回しにしてるんじゃない)

八幡(自分のことを最優先で考えているからああなるんだ・・・)

結衣「文化祭のときも修学旅行のときも・・・」

結衣「ああいうやり方は嫌いだけどヒッキーのことは好きだよ・・・」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:50:59 ID:/gVKv6kk0
八幡(俺は勘違いしないぞ 世の男子には通じるが俺には通じないぞ)

八幡(人間としてだ 異性としてじゃない)

結衣「だからさ、ヒッキーが傷ついたり、落ち込んだりしてると」

結衣「こっちまで同じ感じになるんだよ・・・」

八幡「・・・」

結衣「ちゃんとわかってる?」

八幡「・・・」

結衣「・・・」

八幡「・・・」

結衣「・・・手」ボソッ

八幡「くっ・・・わかったよ・・・」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 22:56:15 ID:/gVKv6kk0
八幡(このビッチが・・ 絶対に許さないリストに登録決定!)

結衣「ちゃんと話してね?」

八幡(どうする・・・ただ本当のことを話すわけにはいかない)

八幡(話してしまったら余計に怒られる ガハマさんに あと雪ノ下?)

八幡(まぁ適当に話作って場を収めるか)

八幡(やっぱり一番嘘つきは俺だな)

八幡「わかったよ ちゃんと話す」

結衣「ヒッキー!!」パァァ

八幡(夕陽のせいか眩しい・・・)

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:03:19 ID:/gVKv6kk0
八幡「実はな」

結衣「う、うん」

八幡「・・・ただ反応が見たかっただけだ」

結衣「・・・は?」

八幡「だから!八方美人の由比ヶ浜が無視をしてどんな反応するか見たかっただけだ!」

結衣「び、美人!? えへへ~」

結衣「ってそれだけー?」

八幡「ああ ごめんな由比ヶ浜」

結衣「はぁ・・・なんかしたのかと思ってたよ・・・」

結衣「そっか なら良かった!いいよヒッキー」

八幡(さすが由比ヶ浜はどこまでもやさしい)

八幡(聖人のように優しいし聖人のようなアホさだ)

結衣「・・・それで納得してあげる」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:06:21 ID:/gVKv6kk0
八幡「は?いやだから本当だって」

結衣「はいはい でもいつか本当のこと言ってね」

八幡「・・・いつかな」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:12:50 ID:/gVKv6kk0
結衣「うわっ もうこんな時間」

結衣「ゆきのんに悪いことしちゃったなー」

結衣「ほら、ヒッキー!帰るよ!」

八幡「・・・ああ」

八幡(今から雪ノ下会うのはちょっとまずいな・・)

八幡(それに由比ヶ浜と一緒に行ったらいろいろと悟られそう)

八幡(適当に言い訳して時間つぶすk)

結衣「ヒッキー遅い!ゆきのん待ってるんだから急いで」ギュッ

八幡(だからこのビッチが!手つなぐな!)

八幡(だめだ・・・何も考えられない)

八幡(ガハマさんの手は柔らかいなーとかどうでもいいことしか考えられない)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:19:14 ID:/gVKv6kk0
下駄箱

結衣「ごめーん!ゆきのーん!遅くなっちゃった」

雪乃「ええ・・大丈夫よ それより比企g・・・」

結衣「ん?どうしt・・・」バッ テヲハナス

結衣「ななななんでもないから!!」

雪乃「そ、そう・・・でも手を洗った方がいいわ菌がついてるもの」

八幡「俺は比企ヶ谷菌じゃねえ」

雪乃「そうだったかしら?」

雪乃「それとあなたも手を洗った方がいいわ」ギロッ

八幡(目が怖すぎる 何か余計なことを言ったら殺すと言っている)

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:32:06 ID:/gVKv6kk0
八幡「へいへい」スタスタ


結衣「あはは・・」

雪乃「よかったわね由比ヶ浜さん」

結衣「うん! ゆきのんもありがとね」ニコッ

雪乃「私はなにもしてないわ」ドキッ

結衣「ううん 信じて待っててくれたもん ありがと!ゆきのんだーい好き!」抱きつくゆいゆい

雪乃「ちょっと 由比ヶ浜さん! 私もよ」ヨシヨシ

結衣「ゆきのん・・・」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:43:51 ID:/gVKv6kk0
結衣「それでねゆきのん・・・」

雪乃「言わなくても分かっているわ」

雪乃「だって彼はそういう人だと知っているから」

結衣「そうなんだ」

雪乃「由比ヶ浜さんもなんとなくは分かっていたんでしょう?」

結衣「うん・・・じゃあなんで部室出るときにあんなこと言ったの?」

雪乃「・・・彼には知って貰いたかったから」

雪乃「由比ヶ浜さんが傷ついてそれを見て私が傷つくし彼だってきっと・・・」

雪乃「でも彼はそれでも大事なことがあってああいうことをしたんだと思う」

雪乃「彼らしい所はあったけどでも彼らしくなかったからつい・・・」

雪乃「いい加減気づくべきなのよ」

雪乃「出て行って今回は私がなんとかしようと思ったけれど」

雪乃「その必要はなかったようね 由比ヶ浜さん」

結衣「ゆきのん・・・」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:51:04 ID:/gVKv6kk0
・・・

八幡(帰ってきたらゆるゆりが展開されていた!なにを(ry)

八幡(あいつらの百合事情なんて知りたくねーよ)

八幡(しかし相変わらず雪ノ下は由比ヶ浜には甘いな)

八幡(今なら優しくしてくれるチャンス!)

雪乃「あら、もう帰って来たの はぁ・・・」

八幡「・・・」 

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28 23:53:00 ID:/gVKv6kk0
結衣「おかえりヒッキー!じゃあ帰ろうか!」

雪乃「ええ」

八幡「ああ」

結衣「えへへ  あっ帰りにどっかよろーよゆきのん!」

八幡(俺は誘ってくれないのね・・・)

八幡(まぁそりゃそうだよな あんなことしたんだし)

結衣「ヒッキーも行くよー!!」

八幡「・・・はいはい」

雪乃「・・チッ」

八幡(・・・こわい)



八幡「雪ノ下雪乃を無視してみる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372416006/