えすえすらぼ

SSまとめブログ

ミカサ「エレンと恋人になりたい」

30DF30AB30B530303B
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 17:36:21 ID:gqKCUfpk0
アルミン「……という相談?」

ミカサ「うん」

ミカサ「アルミンは、私よりずっと賢い。だから、助言が欲しくて」

アルミン「う~~ん……そうは言っても……」

アルミン(ミカサが頼ってくれるのは嬉しいけど……でも、恋愛沙汰に関しては僕も疎いし)

アルミン(大体、ミカサのエレンへの気持ちは単なる家族愛だと思ってたから、こんな相談自体が驚きだ。
      訓練兵になってから初めて気づくなんて、一体何があったんだろう?)

続きを読む

ライナー「ミカサってエレンが呼べば」

30DF30AB30B530303C
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 23:50:59 ID:SVHYEzOI
ライナー「どこにでも来るんじゃないか?例えばこの兵舎にも」

エレン「いきなりなんだよ?」

アルミン「(なぜ賢明な君がそんな面倒になりそうなことを)」

ベルトルト「ちょっと呼んでみてよ」

アルミン「(お前もか)」

エレン「なんでだ?」

ジャン「どういうことだよ!?」

続きを読む

真奥「性欲を持て余す」

307E304A304630553060304A303031
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:49:15.25 ID:vLNSj/6Bo
※エロはないよ!

真奥「じゃあ、行ってくるわ。遅くなるかもしれないから鍵かけといていいぞ」

芦屋「畏まりました。では、行ってらっしゃいませ」

漆原「行ってらー」

後ろ手にドアを閉め、アパートの階段を降りる。
目的地は新宿。
歩くにはやや遠く、電車を使うか迷うところだったが、真奥は徒歩を選択した。
金が勿体無いということもあるが、何よりも、緊張をほぐす時間が欲しかった。

異世界で魔王として世界征服を成し遂げかけた程の彼をして、そこまでの緊張を強いられる問題。
それはただの人間と化した今の身体に理由があった。
人としての身体が求める、抑えがたい欲求。
すなわち――

真奥(恐れることはない。行ってやるぜ……風俗店!!)


続きを読む

リヴァイ「おい、新兵」ジャン「はい?」

30EA30F430A130A4303031
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 19:30:29 ID:LmtEywrA
※エレン達がウドガルド城に向かった後

リヴァイ「暇だ…なんか面白いことないか…」

ジャン「は、はぁ…面白いこと、ですか…?」

ニック「………」

リヴァイ「こんな寡黙なオッサンを一日中監視する俺の身にもなってみろ」

ジャン「(あんたもオッサンだろうがよ…)」

リヴァイ「…今、俺もオッサンだろ、とか思ったなテメェ…」ギロッ

ジャン「(読まれてる!?これが人類最強!?)」

続きを読む

続・アルミン「サシャの乙女の顔を引き出す?」

73696E67656B69303034
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 03:47:32.51 ID:TY/dv5Ew0
アルミン「どういうことだい?ライナー」


ライナー「なぜ俺がこんな競技をやろうと言い出したかというとだな・・・」


ジャン「それよりもまずは俺たちが呼ばれた理由を説明しろよ」


ライナー「分かった、じゃぁなぜこの4人でやることに決めたと思う?」


ジャン「俺らがある程度近い仲だからじゃねぇのかよ」


ベルトルト「でもそれだとエレンがいないのが気になるね」



続きを読む

スネーク「こちらスネーク。ウォール・ローゼに潜入した」

30B930CD30FC30AF303031
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 16:30:39 ID:mRwOKemQ
スネーク「こちらスネーク。少佐、ウォールローゼに潜入した」

少佐「良くやったスネーク。今回の任務は『エレン・イェーガー訓練兵』の捕獲だ」

スネーク「訓練兵……? それは誘拐するほどの重要人物なのか?」

少佐「詳しくはわからん。とりあえず、現地のエージェントと合流し、情報を得てくれ」

スネーク「了解。ただいまより、『アタック・オン・タイタン』作戦を開始する!」

続きを読む

モバP「凛にドッキリを仕掛けてみよう」

6E0B8C3751DB303031
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 02:55:18.70 ID:ddUxW6wt0

卯月「プロデューサーさん! ドッキリですね!?」

未央「この企画で、しぶりんの新たな一面が?!」

モバP「簡単な説明をすると、場所は事務所で、各所にカメラを設置しております」

モバP「ここでの映像はこの控え室で全てモニタリング&録画をしています」

未央「これは抜かりない」

卯月「万全の設備でドッキリですね!」


続きを読む

モバP「デレデレかれん」

5317676152A084EE3031
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 02:17:11.77 ID:vOZgx1xq0
奈緒「ん?」

P「デレデレ加蓮。略して、デレん」

奈緒「……は?」

P「いやいや、『コイツ…、とうとう頭おかしくなってしまったか』みたいな視線は、やめてくれ!」

奈緒「ここ最近忙しかったからな。…やっぱり疲労って溜まるもんだろ?」

奈緒「あまり無理するなって。休めるときに休まないとな?Pさん」

P「おう、お気遣いどうも!」

奈緒「おう!それじゃ、また明日なーっ」

P「…」手ギュ

奈緒「なっ、な、なに掴んでんだよP!///」

P「奈緒、ちょっと聞いてくれ」


続きを読む

C.C.「ゼロはハニートラップに弱い」カレン「はぁ?」ゼロ「……」

30B330FC30C930AE30A230B9303032
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11 16:20:10 ID:nZArsurT0
カレン「今回の作戦も上手くいきましたね、ゼロ」

ゼロ「そうだな。得られた結果は悪くない。成功と言えるだろう。だが、これは通過点に過ぎない。満足はするな、カレン」

カレン「はい。勝って兜の緒を締めよ、ですね」

ゼロ「そういうことだな」

扇「流石はゼロだ。玉城だったら勝利に酔いしれて、隙だらけになるっていうのに」

玉城「そりゃ、扇もだろぉ!」

藤堂「ゼロの言う通りだな。我々の目的は日本解放にある。そのための手段で浮かれていては成功など掴めないだろう」

カレン「でも、ゼロがいれば大丈夫ですよ。ゼロにはこれといった弱点とかないですし、ブリタニアだっていつか弾けるはず」

ゼロ「あまり私を過信するな。私とてそこまで万能ではない。まぁ、有能ではあるがな」キリッ

C.C.「……」

続きを読む

あやせ「イチャイチャ短編……って何言わせるんですか、この変態!」

30423084305B303033
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:14:55.02 ID:qlb/tUT30


あやせ「お兄さん、お兄さん。ここはどうやって解けばいいですか?」クイクイ

京介「……あぁ、ここはここに補助線を引いてやればいいんだ」

あやせ「なるほど……」

京介「あやせは賢いなぁ」ナデナデ

あやせ「な、撫でないでくださいっ」

京介「え?いやだったか?」

あやせ「……い、いやじゃないですけど……は、はずがしいじゃないですか」

京介「じゃあ止めるか?」スッ

あやせ「……あ、あと一分……いえ三分だけ撫でることを許してあげます」

京介「おう、ありがとな」



続きを読む
アーカイブ
記事検索
ゲームランキング
  • ライブドアブログ